管弦楽作曲家・森さちやのオリジナル作品試聴サイト【森の音楽工房】
森の音楽工房WoodWind
〜Natural Orchestra by Musical Artisans〜



トップページ

新曲公開up logo

常設曲A

常設曲B

常設曲C

第7作品集

第6作品集

第5作品集

第4作品集

第3作品集

第2作品集




 お知らせ

◎ 新作曲・ピアノと管楽のための六重奏曲<泉の精>を公開。
  →【新曲公開コーナー】へ [2017年5月1日]
  または、YouTubeの<泉の精>へ

◎ 新作曲・ピアノと管楽のための六重奏曲<山の霊>を公開。
  →【新曲公開コーナー】へ [2017年1月8日]
  または、YouTubeの<山の霊>へ

◎ 新作管弦楽曲<丹頂の輪舞>を公開しました。
  →【新曲公開コーナー】へ [2016年8月29日]
  または、YouTubeの<丹頂の輪舞>へ

◎ <高原の風>―管弦楽とジャズバンドの響宴―新録音版を、
  YouTubeで公開しました。[2016年7月31日]

◎ フルートとハープのため協奏曲<白鷺の舞>新録音版を、
  YouTubeで公開しました。[2016年7月3日]

◎ <アシカのメヌエット>新録音版を、YouTubeで公開しました。
  [2016年6月12日]

◎ YouTubeでの自作曲公開を始めました。[2016年5月]
  →<女鳥羽川の夕暮れ>
  →<アンモナイトの追想>(Jazz Version)

◎ 管弦楽曲<イルカの旅立ち>を公開しました。
  →【新曲公開コーナー】へ [2015年11月29日]



◎ 森さちやのブログ
  【作曲と思索の愉しみ】を開設しました。
  [2012年11月]


ブログ【作曲と思索の愉しみ】はこちら


●作曲家コンクール入賞曲*、
<蝶の覚醒〜オーボエのための六重奏曲〜>
を公開しました。 [2011年3月6日]
【常設曲ギャラリーC】へ

*東京国際芸術協会主催、
第9回(2010年)TIAA全日本作曲家コンクール
室内楽部門入選


第7作品集≪天地有情≫
↑[CD≪天地有情≫ジャケット写真]
ご感想・ご意見や、お問い合わせなど、森さちやへの個人的なメールは、
ブログ【作曲と思索の愉しみ】の左側カラム下方にある「コメントをどうぞ」にお書きください。
その欄からのコメントは、ブログ上には掲載されません。



ご 案 内(初めての方へ)

 このサイトは、生命や自然を描く作曲家・森さちやのオリジナル作品を紹介するサイトです。
 管弦楽曲を中心とした、創作作品が試聴できます。
 現在、部分試聴〜曲の冒頭のテーマ試聴〜は、計55曲可能です。
 新曲公開コーナーや、常設曲ギャラリーでは、計18曲、各曲が全曲試聴できます。
 さまざまな編曲が施された優美な旋律を、どうぞご鑑賞下さい。

作曲家 森 さちや
「この一曲への想い」はこちら



♪試聴の仕方♪

このボタンは見本です。クリックしても試聴できません←この形のボタンをクリックまたはダブルクリックすると、ほとんどのパソコンで、自動的に音楽が再生されます。使用している音楽ファイルの形式は、MP3ファイルと、WAVファイルです。高音質のWAVファイルに、順次入れ替えています。



この一曲への想い

〜宇宙・自然・生命の調和の音楽〜

 音楽の本質は、宇宙・自然・生命を表現することにある、と私は考えています。

 過去の作曲家たちの作品群をみても、それぞれの時代の制約のもとで、彼らがそれを目指していたことを裏付けているように感じます。

 私は、音楽の歴史的変遷を尊重しつつも、現代の時代になじむ形で、宇宙・自然・生命を表現する音楽を創作していきたい、と思っています。

 宇宙と自然と生命とは、対立しあうものではなく、共鳴しあうものでしょう。マクロコスモスとミクロコスモス、さらにはそれらの照応を、管弦楽などで描き上げたい。このような想いから出来上がってきたのが、私の諸作品です。

 宇宙・自然・生命には、整然とした秩序がある一方、発展・生成していくエネルギーも満ちています。一見対立しそうなこの両者を包含し、世界の調和を表現する―これが私の作曲の理念となっています。

 その調和の理念を具体化していった結果、表現される音楽は、「心が安らぎ、潤いのある優美な曲」へと向かっていきました。

 世界の調和と共鳴し、心安らげる音楽、それが私の理想の音楽です。

 優美な音楽は、暮らしに彩りを添え、心を豊かにしてくれます。
 どうぞ、ご試聴下さい。

作曲家 森 さちや

このトップページの最上部に戻ります

■Copyright (c) 2005-13, WoodWind, All rights reserved.