管弦楽作曲家・森さちやのオリジナル作品試聴サイト【森の音楽工房】
森の音楽工房のトップページへ

      第4作品集: 四季の余韻     
〜Natural Orchestra by Musical Artisans〜



トップページ

新曲公開

常設曲A

常設曲B

常設曲C

第7作品集

第6作品集

第5作品集

第4作品集

第3作品集

第2作品集



◆第4作品集≪四季の余韻≫:各曲のテーマ試聴◆

〜収録曲7曲の冒頭約1分が試聴できます〜

 全曲を通して、≪季節≫をテーマとした組曲になっています。
 2,4,6曲目は、クラシック系の編曲、3,5曲目はジャズです。
 曲ごとに、異なるタイプのアレンジを楽しめます。
 どうぞご試聴下さい。

 [2007年8月の改訂版、MP3ファイル、約1MB]


1曲目
春の足どり


(Chamber Orchestra)


 春の到来に伴う、浮き立つ気分を表現した曲。わくわくしてくる軽快な曲です。
 この作品集全体のプレリュードでもあります。

 弦楽五重奏、木管五重奏とホルン、ジャズピアノトリオの編成。
 2004年4月作曲、ハ長調。


2曲目
そよぐ若葉


(Orchestra)


 新緑の季節に、河口湖富士ビューホテルの近くの湖畔を散策した際の印象を、管弦楽曲にしました。二管編成のオーケストラ(古典派の頃の標準的編成)です。

 2002年5月、ピアノ曲から編曲、ニ短調。
 ピアノ曲版<薫る風>は、作品集≪生命の海≫に収録されています。


3曲目
夏のなごり


(Jazz Piano Trio)


 暑い夏がようやく終わりに近づいたころ、夏バテからの回復期に作りました。
 気だるさと活気とが共存しています。

 ジャズピアノトリオ。
 2004年9月作曲、変ロ長調。


4曲目
秋の浅川


(Orchestra)


 八王子郊外を流れる浅川に沿っての散策中に、曲想が浮かび、曲が成長していきました。

 二管編成のオーケストラで、稔りの季節に向かうさわやかな秋の情景を表現してみました。
 2003年10月作曲、ニ長調。


5曲目
雪の橋


(Jazz Quintet)


 クリムトの絵のような曲を作ってみようと思い、作曲しました。
 雪の橋を渡ると、異世界に迷い込んでいきます。

 ジャズクインテット。2004年2月作曲、ト短調。

 この曲は、常設曲ギャラリーBで全曲通して試聴できます。


6曲目
冬の原野


(Orchestra)


 1982年3月(大学生時代)に、作曲者が北海道道東地方を一人旅した際のスケッチをもとにして、管弦楽曲を仕上げました。

 短調の曲ですが、最後には雪が融け、春の訪れの気配とともに終わります。
 冒頭の1分は、雪に覆われた根釧台地の描写の部分です。

 二管編成のオーケストラ。
 2004年12月編曲、ホ短調。


7曲目
春のきざし


(Piano Solo)


 この作品集のエンディング曲として作りました。Winter PlainのCodaを受けています。
 ほのかな暖かさが感じられる曲です。

 J. S. バッハの鍵盤曲を多少意識して作曲した、ピアノソロ曲です。
 2005年2月作曲、変ロ長調。


作曲・編曲:森 さちや
演奏・録音:森の音楽工房 Musical Artisans

クリックすると拡大写真がご覧になれます
森の音楽工房のトップページへ
■Copyright (c) 2005-13, WoodWind, All rights reserved.